伝統的な年中行事(人生)

伝統的な年中行事(人生)

【成人式】振袖着たくない?参加したくない?お金ない?振袖の相場とレンタルは?

一生に一度の晴れ舞台。参加する本人はもちろん、ご両親にとっても一大イベントの成人式。 振袖を着たい人は振袖の準備は早ければ早い方が良いといわれます。だいたい成人式の1年前の1月~3月から振袖を検討・購入するのが一般的のようです。 ...
伝統的な年中行事(人生)

千歳飴の賞味期限は?食べきれない時は?再利用法や使い道・虫歯の心配も?

千歳飴とは、米と麦芽を糖化させてつくる紅白の棒状の飴で、新生児や七五三の子供の宮参りに贈られる祝い菓子です。 松竹梅や鶴亀(つるかめ)など、縁起物の絵をあしらった縦長の袋に入れられ、神社によっては供饌(ぐせん)菓子として護符がわりに分ける...
伝統的な年中行事(人生)

千歳飴の食べ方は?いつ食べる?硬くて危ない場合は?売っている場所もご紹介!

「千歳の飴」と書いて千歳飴、江戸時代から続く七五三と言えばの定番のお祝い菓子です。 その昔は病気に対する知識も今ほどは無く、7歳までは神の子とされいつ死んでしまうか分からなかったのです。 大和 そんな子どもたち...
伝統的な年中行事(人生)

お食い初めの食器を揃えるには?100均?セット通販?レンタル?揃える食器は?

子供が誕生して最初のイベントはお宮参りですよね。その次に来るのが生後100日目に行う「お食い初め」(おくいぞめ)です。または「百日祝い」(ももかいわい)とも言われます。 「生涯、食べることに困らないように」と願いを込めて食事をする...
伝統的な年中行事(人生)

冬のお宮参りの服装は?オフィスカジュアルでラフもあり?寒さをしのぐ方法は?

お宮参りで心配になるのが、服装です。 春や秋であれば、定番の服装で大丈夫ですが、夏や冬となると、どうすればいいのが、迷いますよね。 大和 そこで、冬のお宮参りの服装について、お話したいと思います。 ...
伝統的な年中行事(人生)

七五三におすすめな男の子の衣装とは?伝統なら和服?経済性ならスーツも人気?

七五三の思い出といえば、普段気慣れない服で記念写真を撮り、神社でお祓いを受けた後に千歳飴をもらったことです。 始まりは江戸時代に子供の無事な成長を祈った事と言われています。 女の子は3歳と7歳の時に、男の子は5歳のときに神社にお参り...
2021.09.30
タイトルとURLをコピーしました