二十四節気

霜降(そうこう)はいつ?二十四節気?期間は?挨拶文は?七十二候の名称や意味も!

旧暦の「霜降(そうこう)」という言葉の意味を知っていますか?霜降は「春分」「夏至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 読み方も難しいですし、俳句の季語などでは使われていますが、日常生活ではほとんど聞かない馴染みのない言葉ですよね。...
二十四節気

小寒はいつ?年で違う?意味や由来は?期間や挨拶文に使う時は?七十二候も紹介!

旧暦の「小寒(しょうかん)」という言葉の意味を知っていますか?小寒は「秋分」「大寒」「夏至」「冬至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 俳句の季語などでは使われているものの、日常生活ではほとんど聞かない馴染みのない言葉かと思います。 ...
二十四節気

寒露はいつ?旧暦?期間・意味・由来は?挨拶文や七十二候の名称や意味も!

旧暦の「寒露(かんろ)」という言葉の意味を知っていますか?寒露は「春分」「夏至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 しかし、「寒露」は読み方も馴染みがなく、日常生活ではほとんど聞かない言葉だと思います。 大和 ...
二十四節気

白露はいつ?白露の意味は?旧暦の名称?由来は?挨拶文の期間や七十二候て?【図解付】

旧暦の「白露(はくろ)」という言葉の意味を知っていますか?白露は「春分」「夏至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 しかし、「白露」は読み方も少し難しく、日常生活ではほとんど聞かない馴染みの少ない言葉だと思います。 大和 ...
二十四節気

立冬(りっとう)はいつ?年によって違う?立冬の意味・暦の考え方も解説【図解付】

旧暦の「立冬(りっとう)」という言葉の意味を正しく理解できていますか?立冬は「春分」「夏至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 でも、「毎年日付が変わって今年はいつだかわからない」「そもそもなぜ日付が変わるの?」「立冬ってどんな意味?」と...
文化

お墓参りは雨の日は出来る?出来ない?線香を束でおく意味は?消し方は?

お彼岸やお盆が近くなると考えるお墓参り。亡くなった人を供養するための場所としてお墓は、私たちの生活習慣にしっかりと根付いているものです。 昔は、集落の境や住居のすぐ隣にありました。当然お墓参りも日常的なものでした。しかし、最近では、お墓は...
2021.09.16
季節

《関西版》たくさんの彼岸花の見れるスポットは?咲く時期は?条件は?

秋になると咲く花と言えば、何が思い浮かびますか?コスモスやバラ、ナデシコいっぱい出てきますよね。その中でも、高い存在感を出しているのか、彼岸花(曼珠沙華)です。 まるで、赤い針金で作ったかのような花は、不思議な感覚ですよね。 ...
2021.09.16
伝統的な年中行事

七五三におすすめな男の子の衣装とは?伝統なら和服?経済性ならスーツも人気?

七五三の思い出といえば、普段気慣れない服で記念写真を撮り、神社でお祓いを受けた後に千歳飴をもらったことです。 始まりは江戸時代に子供の無事な成長を祈った事と言われています。 女の子は3歳と7歳の時に、男の子は5歳のときに神社にお参り...
伝統的な年中行事

《お彼岸での仏壇へのお供え物》お菓子はOK?向いている物と向いていない物?予算は?

春と夏にやってくるお彼岸。故人やご先祖様に感謝を伝え、お迎えをする大事な行事の一つですね。 お彼岸では、お墓参りをした際やお仏壇にお供え物をすると思いますがどのようなものがいいのか迷う方もいるでしょう。 お菓子系なのか果物系なのか?...
2021.09.16
二十四節気

立秋はいつ?立秋の意味・暦の考え方を図解付で!立秋の候って?七十二候についても!

旧暦の「立秋(りっしゅう)」という言葉の意味を正しく理解できていますか? 立秋は「春分」「夏至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 でも、「毎年日付が変わって今年はいつだかわからない」「そもそもなぜ日付が変わるの?」といった疑問も生...
2021.09.16
タイトルとURLをコピーしました