スポンサーリンク
文化

新嘗祭とは?意味は?いつ行う?献上米とは?神社での挨拶の仕方も紹介!

日本に古くから伝わる祭事の一つに「新嘗祭」があります。 耳にしたことがある人も多いと思います。新嘗祭は五穀の収穫を祝う風習で、全国各地の神社で行われています。新嘗祭にはどんな歴史があるのでしょうか。 新嘗祭とは?五穀の実りを神様に感謝す...
文化

新嘗祭は昔からのお祝い行事?過ごし方は?大嘗祭との違いや期間の違いも解説!

新嘗祭とは、11月23日(もと陰暦十一月の中の卯(う)の日)に毎年行われ、宮中三殿の近くにある神嘉殿で行われる宮中行事です。 新嘗祭は古事記にも記されている?お祝い行事? 新嘗祭の「新」は新穀、「嘗」は御馳走を表しています。 現在は1...
文化

【襖(ふすま)の修理】業者?自分でやる?損傷別の必要アイテムと修理方法は?

しょうじは修理や張り替えはしたことがあっても、「襖(ふすま)」はなかなか修理した人は少ないでしょう。 ふすまの修理や張り替えとなると、こんな心配がありませんか? 「どうやってすればいいか、わからない」 「何が必要かわからない」 ...

文化の日の意味は?何をする日?食べ物は?おすすめは?入籍に人気の日でもある?

11月3日は、日本の国民の祝日である「文化の日」。 とはいっても、文化の日というのは、何をする日で、何をお祝いする日なのでしょう。国民の祝日とはいえ、それがなにを意味しており、具体的になにをする日なのかいまいちピンとこない方も多いのではな...
二十四節気

2022年大雪はいつ?二十四節気の1つ?期間や意味は?挨拶文で使える?七十二候は?

旧暦には「大雪(たいせつ)」と言う言葉があります。「おおゆき」ではなく「たいせつ」と読み、大雪は「春分」「夏至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 俳句の季語などでは使われているものの、日常生活ではほとんど聞かない馴染みのない言葉かと思い...
2021.12.02
文化

粽(ちまき)の由来や産地は?奈良時代に近畿中心?地域や時代による作り方は?

ちまきと言えば、5月5日の端午の節句に欠かせない食べ物ものと言えます。 スーパーなどで購入することもできますが、出来合いのものばかりでは代わり映えしません。ここはひとつ、ご自宅で作ってみてはいかがでしょうか。 ちまき(粽と書きま...
2021.10.02
二十四節気

二十四節気とは?日付と名前・意味・読み方【一覧まとめ】

二十四節気(にじゅうしせっき)という日本古来の暦の数え方があります。普段何気なく使っている「夏至」「冬至」や、祝日になっている「春分の日」などもの二十四節気の暦の一つの名称なのです。 大和 今回は、二十四節気の意...
2022.05.02
二十四節気

2022年小雪の日はいつ?意味由来は?挨拶文「小雪の候」いつからいつまで?七十二候は?

旧暦の「小雪(しょうせつ)」という言葉の意味を知っていますか?小雪は「春分」「夏至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 俳句の季語などでは使われているものの、日常生活ではほとんど聞かない馴染みのない言葉かと思います。 小寒とはいつの...
2021.11.16
二十四節気

2022年霜降(そうこう)の日はいつ?期間は?挨拶文は?七十二候の名称や意味も!

旧暦の「霜降(そうこう)」という言葉の意味を知っていますか?霜降は「春分」「夏至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 読み方も難しいですし、俳句の季語などでは使われていますが、日常生活ではほとんど聞かない馴染みのない言葉ですよね。...
2021.11.16
二十四節気

2022年小寒の日はいつ?年で違う?意味や由来は?期間や挨拶文に使う時は?七十二候も紹介!

旧暦の「小寒(しょうかん)」という言葉の意味を知っていますか?小寒は「秋分」「大寒」「夏至」「冬至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 俳句の季語などでは使われているものの、日常生活ではほとんど聞かない馴染みのない言葉かと思います。 ...
2021.12.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました