スポンサーリンク
7月

【2022年の盆踊り大会日程】全国の人気おすすめ盆踊り大会情報

日本人の夏の風物詩として外せないものの一つが盆踊り大会。やぐらを囲んで、和太鼓の音に合わせてリズムに合わせて動く盆踊りは、日本人でよかったと思えるようなイベントのひとつです。 全国ではたくさんの盆踊り大会が開催されています。そして2022...
6月

水無月は何月?読み方は?旧暦はいつからいつまで?意味由来は?別名や俳句も紹介

6月になって梅雨に突入し、「今月、雨ばっかり降ってるなあ。」とカレンダーを見ると、6月の文字の横には「水無月」と書いてありますね。 「そうだよね、水の月だもん。雨も降るよね…ん?」6月水無月は水が無い月と書くのに、なんでこんなに雨ばっかり...
5月

梅雨は北海道にない?えぞ梅雨て?海外に梅雨ある?中国や台湾・韓国・北朝鮮は?

梅雨の時期になると毎年マイナスな気持ちになりませんか? 悪天候が長く続く梅雨は、通勤や通学時に足元が悪くなったり、洗濯物が乾かなかったりなど日常生活を送る上でも支障が出てきます。農業を営む方や屋外で仕事をされる方などは、さらに梅雨の行方が...
5月

2022年の梅雨入り梅雨明けはいつ?平均は?意味は?どう決まる?【日本全国】

春、夏、秋、冬と日本には四季があり、それぞれの季節の美しさ、地域に根付く伝統行事や風物詩は世界の人々から見るととても魅力的に映るようです。 しかし春と夏の間にある梅雨(つゆ)は、長雨が続きうっとうしく感じる期間ですね。 梅雨はいつか...
5月

五月雨の読み方や意味は?いつ頃?五月雨式や五月雨使う俳句やビジネス文の意味も!

日本の年間降水量は世界平均の約2倍と言われ、特に梅雨の時期には日本全国で雨がよく降ります。そのため日本語には「春雨」、「緑雨」、「霧雨」、「小雨」、「大雨」、「豪雨」など雨の様子や雨量に応じた言葉が数多くあります。 梅雨を表す言葉も同様に...
5月

皐月(さつき)は何月?いつからいつまで?意味由来は?別名や季語使った俳句は?

5月になって晴れ渡った空を見ると、「今日は美しい五月(さつき)晴れですね!」なんて、テレビでアナウンサーが行っているのを聞いたことがあると思います。 5月は五月(さつき)と言いますよね。でもふと、壁にかかったカレンダーを見ると「皐月」の文...
8月

8月の人気おすすめの行事・イベント・記念日と言えば?【日本】

日本各地で体に堪える暑さが続き、涼を取りながら上手に夏と付き合いたい8月。 大和 学生は夏休み真っただ中で休みの雰囲気が強い1カ月ですが、8月の行事やイベント、記念日なども気になりますね。 ちなみに...
7月

七夕を子供に説明すると?おすすめ絵本は?なぜ笹の葉使う?祝日でないのなぜ?

7月のイベント・行事と言えば思いつくのが七夕。 彦星と織姫の伝説や願い事を掲げるなどのロマンチックさがある七夕は子供達にも大人気の年中行事ですよね。 七夕の季節がやって来ると、あちこちの保育園や幼稚園などで笹を飾って、短冊にお願いご...
7月

七夕が雨や満月の確立は?雨降ると織姫と彦星は会えない?合う方法は?結婚に最適?

保育園や幼稚園、学校でも七夕の日や周辺の日には七夕の行事・イベントがあるのではないでしょうか? 大和 短冊に願いを書いて願う年に1度の七夕を楽しみにしている人もいると思います。 ここでは...
6月

暑気払いの別名は?納涼会との違いは?冬や春はやるの?反対語もある?

仕事場で「暑さも厳しいですし、ここらで一回ビアガーデンで納涼会でもやりますか?」なんて話になると、先輩が「暑気払いだろう?」とやさしく訂正なんて経験がある人もいるのでは。 暑気払いも納涼会も、暑いから涼んでお酒を飲む会だと思うのですが、少...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました