伝統的な年中行事(人生)

千歳飴の賞味期限は?食べきれない時は?再利用法や使い道・虫歯の心配も?

千歳飴とは、米と麦芽を糖化させてつくる紅白の棒状の飴で、新生児や七五三の子供の宮参りに贈られる祝い菓子です。 松竹梅や鶴亀(つるかめ)など、縁起物の絵をあしらった縦長の袋に入れられ、神社によっては供饌(ぐせん)菓子として護符がわりに分ける...
伝統的な年中行事(人生)

千歳飴の食べ方は?いつ食べる?硬くて危ない場合は?売っている場所もご紹介!

「千歳の飴」と書いて千歳飴、江戸時代から続く七五三と言えばの定番のお祝い菓子です。 その昔は病気に対する知識も今ほどは無く、7歳までは神の子とされいつ死んでしまうか分からなかったのです。 大和 そんな子どもたち...
季節

三寒四温の意味や由来は?いつからいつまで使う?手紙や挨拶で使用するには?

寒い時期によく聞く言葉に「三寒四温」があります。 読み方は「三寒四温(さんかんしおん)」と読みます。 聞いた事はあるけど実際の意味や由来、いつ使うのか?手紙や挨拶の時の使い方などは深く知らない人がほとんどでしょう。 大...
季節

「冬将軍」はいつからいつまで?意味や由来は?季語でも使われる?

冬が近づいてくると天気予報やニュースで一度は耳にする「冬将軍」。 名前にインパクトがあるので、意味が分からなくても聞き覚えがある人もいるのではないでしょうか。 しかし、実際に冬将軍はいつからいつまでと決まっているのか?意味や由来は?...
伝統的な年中行事(季節)

新嘗祭と祈年祭や神嘗祭の違いは?さらに大嘗祭や相嘗祭との違いや内容もご紹介!

新嘗祭(にいなめさい)はテレビでも聞いた事があると思います。しかし、他にもたくさん祭りはありますよね。 大和 祈年祭や神嘗祭、大嘗祭、さらに相嘗祭も字を見た感じだと似通っているような気がしませんか。ここでは新嘗祭...
二十四節気

2022年啓蟄はいつ?旧暦?期間や意味季節は?挨拶文「啓蟄の候」はいつからいつまで?

旧暦の「啓蟄(けいちつ)」という言葉の意味を知っていますか? 啓蟄は「けいちつ」と読み、「秋分」「冬至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。「けいちつ」という読み方は、読みづらく聞いたことも少ない言葉なのでは? 大和 ...
2021.11.17
伝統的な年中行事(季節)

2022年立春はいつ?期間と意味や季節・由来は?立春の候の期間?立春の七十二候も紹介!

旧暦の「立春(りっしゅん)」という言葉の意味を正しく理解できていますか?立春は「春分」「夏至」などと同じ暦(こよみ)の名称です。 でも、「毎年日付が変わって今年はいつからかわからない」「そもそもなぜ毎年日付が変わるの?」「立春ってそもそも...
2021.11.17
伝統的な年中行事(季節)

針供養の日はいつ?なぜその日?自宅でのやり方は?うんちくもご紹介!

針供養は神社で行う行事として知っている人もいると思います。東京だと浅草寺や森厳寺・和歌山の淡嶋神社に京都の法輪寺などは有名ですね。 ここでは針供養の日はいつなのか?また、神社ではなくて自宅で針供養する時のやり方はどうするのか?さらに針供養...
伝統的な年中行事(季節)

針供養で有名な神社は?豆腐を刺す意味は?俳句の季語でも使う?海外の反応は?

針供養とは、裁縫などで日頃使っている針で折れたり、錆びたり、曲がったりしてしまい使えなくなってしまったものを供養するため、近くの神社に納める行事のことです。自宅でも出来ますが、基本は神社です。 針供養で有名な神社は淡島神社?いつから始まっ...
2021.12.03
伝統的な年中行事(季節)

針供養が終わった後の捨て方は?餅を贈る針歳暮の日でもある?

針供養というのがおこなわれているのをご存じでしょうか。 服飾関係のお仕事に就いていたり、学校に通っているという方ならお馴染みいの行事ですが一般の方はすっかり針仕事から遠ざかっていて、縁遠くなりました。 大和 で...
2021.12.02
タイトルとURLをコピーしました