2022年憲法記念日はいつ?意味由来は?子供に分かりやすく説明すると?

憲法記念日画像
ゴールデンウィーク後半、3連休の初日が「憲法記念日」ですね。

憲法記念日には特別な風習や行事食があるのでしょうか。憲法記念日にはどのようなことをすればいいのか、ヒントを探してみましょう。

大和
大和

ここでは憲法記念日について気になる事をまとめていますよ!

 

憲法記念日はいつ?2022年の日付は?

2022年の憲法記念日は5月3日の火曜日です。

今年のゴールデンウィークは4月29日の「昭和の日」、30日の土曜日、5月1日の日曜日、2日の月曜日、3日の「憲法記念日」、4日の「みどりの日」、5日の「こどもの日」、6日の金曜日、7日の土曜日、8日の日曜日と、カレンダー上では国民の休日と土日に5月2日と6日の平日が挟まれ、ゴールデンウィーク前半に3連休、後半に3連休というスケジュールになっています。

憲法記念日特有の風習は特にありませんが、5月1日から7日までの1週間が「憲法週間」になっています。

大和
大和

この期間中、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義を柱とした日本国憲法の意義を再確認する機会として、法務省の機関では、裁判所や弁護士の協力を得て、憲法の精神や司法の機能を理解してもらうための取り組みを行っていますよ。

 

憲法記念日の意味由来は?

憲法記念日は日本国憲法が施行されたことを祝う祝日です。この日が祝日になった由来は日本国憲法が出来た記念日になるのです。

憲法の施行をお祝いし、日本の成長を期待するお祝いなのです。

内閣府「国民の祝日に関する法律」の資料には日本の憲法記念日は「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」と定められている。
大和
大和

つまり、日本国憲法が作られたことをお祝いし、日本の成長への期待が込めた祝日であり、初めての憲法施行がこの祝日の由来となっています。

憲法記念日を子供にも分かりやすく説明すると?

子供に憲法記念日を伝えようとすると難しくなってしまいますね。

子供にも分かりやすく説明するには、3原則を柱とする日本国憲法がどのような意味を持っているのかを説明する必要があります。

国民主権の説明

「国民主権」は国や政治に関する意思決定ができる権利が国民にあるということから、子供に伝えるなら、「決め事はみんなの意見を聞いて決めましょう」ということになります。

基本的人権の尊重の説明

「基本的人権の尊重」は誰でも生まれながらにもっている人間らしく生きる権利を大切にしようということから、「あなたはあなた、お友達はお友達。それぞれの考え方や好きなことを認めてあげてね」と分かりやすい言葉に変えて伝えてみると良いでしょう。

平和主義の説明

「平和主義」は、悲惨な戦争を二度と繰り返さないということから、「お友達と喧嘩するとお互いが嫌な思いをするので、やめようね」と、日常でよく起こるささいな喧嘩の仲裁に使う言葉を使えば、小さな子供でも理解しやすいと思います。

これらの法律が出来たお祝いとして説明

最後にこの憲法が出来た日のお祝いで休みである話をするとうまく伝わりますよ!

憲法というと難しい印象がありますが、基本的なルールと考えれば、子供たちの日常に見合ったできごとに照らし合わせて説明してあげると分かりやすいと思います。

大和
大和

お子さんに説明したい人はぜひ参考にしてくださいね!

 

まとめ

憲法記念日はゴールデンウィーク期間に埋もれ、日本国憲法が施行されたことを記念した祝日という意識がありませんでしたが、日本という国が平和で安定していられるのは、日本国憲法が根底にあるからだと思います。

私たちの生活の基礎となる憲法について、憲法記念日に少しでも学ぶ機会が持てるといいですね。

また、憲法記念日のおすすめの過ごし方・祝い方や食べ物や遊びなどは別記事で紹介しているので興味があれば、合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました