【ゴールデンウィーク】2022年はいつからいつまで?意味由来?海外は?豆知識も

ゴールデンウィークいつからいつまで
皆さんはGW(ゴールデンウィーク)はご存知ですか?知っている人がほとんどですよね。

しかしながら、いったいどのようなものなのか把握している人は少ないと思います。単なる大連休という感じではないのです。

大和
大和

そんなゴールデンウィークを解説していきます。

2022年のゴールデンウィークはいつからいつまで?

そもそもゴールデンウィークというのは、日にちが決まっています。

仕事で普段ゴールデンウィークの休みがあるような人からしたら「いつからいつまで」というものは把握していないと思います。

大和
大和

しかしながら、日にちは決められています。

そもそもゴールデンウィークは祝日が集まっている秋ということになりますのでその年によって変わっていきます。

2022年はいつから?いつまで?

そんな2022年のゴールデンウィークはスタートは4月29日の金曜日の昭和の日からスタートします。そして土日を挟むようになっていますのでそこから3連休になります。

そこから月曜日は祝日ではないのでそこで休みが取れなければとりあえず3連休になります。

また、月曜日に休みを取ることが可能になれば5月3日に憲法記念日がありますのでそこから5月4日のみどりの日、5月5日のこどもの日で3連休になっています。

なのでゴールデンウィークは4月29日の金曜日から5月5日の木曜日で最大7連休ということになっています。

また、そこから金曜日を休むことができればさらに土日を挟むので最大10連休になります。

大和
大和

義務教育の学校や役所などはカレンダー通りでも、会社の場合はその会社の休日カレンダーによって10連休にしてしまう会社も多いでしょうね!

 

ゴールデンウィークって?意味・由来は?

ゴールデンウィークというものは意味があります。

昭和の23年の法律が制定されたことから始まります。その法律では7月20日に国民の祝日に関する法律が制定されました。

そこでは現在、祝日として挙げられている元旦や成人の日など意外にもゴールデンウィーク中に休みになっている天皇誕生日や憲法記念日、こどもの日が祝日として制定されました。

その法律によって祝日がこれらの期間に多く集まりました。現在のゴールデンウイークになりますが、その当時はゴールデンウイークと言う言葉はなく、連休が多い期間と言われていました。

ゴールデンウィークのゴールデンの意味としては当然「黄金」のと言う意味なので黄金の連休を意味します。つまり連休が多い日をキラキラと輝く黄金に例えた言い方です。

大和
大和

気になるのはそう言われるようになった由来ですよね。

ゴールデンウイークの言葉が出来た由来は?

次第に連休が多い期間と言うアバウトな言い方からゴールデンウィークという言葉に変わっていきます。なぜゴールデンにしたのか?違う言い方でもいいのでは?と思う人もいるでしょう。
大和
大和

以下、ゴールデンウィークと言う言葉の由来です。2つの説がありますよ。

映画界の宣伝が由来の説あり?

説の一つとして挙げられているのが映画界でよりこの連休中に映画を見てもらおうと思って宣伝の一つとしてゴールデンウィークという言葉を使ったという説です。

ラジオのゴールデンタイムからが由来の説もある?

また、ラジオ界で使われているゴールデンタイムから取ったとも言われています。

 

 

ゴールデンウィークは日本だけ?海外はないの?

日本の文化であるゴールデンウィークなのですが、ゴールデンウィークというものは海外にもあるのでしょうか?

あるとしてもゴールデンウィークという言葉で使われているのでしょうか?そんな疑問が湧くと思うのですが、ゴールデンウィークという言葉自体は日本の造語になっていますので海外には言葉自体はないです。

しかしながら、海外には連休が集まっている週というのがあります。

韓国でもGWに似たような連休がある?

近場で言うと韓国でも大型の連休というものが存在します。4月30日から5月2日までの4連休が韓国でも存在します。

ちょうど日本のゴールデンウィークに当たるような日にちになっています。ちなみにその週は韓国では釈迦誕生日、勤労者の日と呼ばれています。

中国でもGWに似たような連休がある?

中国でも大型連休は存在します。

5月の1日から5日までは労働節と呼ばれる労働者を労るという意味からきている休みがあります。よくゴールデンウィーク中に中国人が増えるのはこの週に休みがあるからだとも言われています。

大和
大和

また、中国では他にも春節のような大型連休も存在しますよね。

 

ゴールデンウィークの豆知識は?NHKは大型連休と言う?

ゴールデンウィークという言葉は造語であると記載したのですが、だからこそゴールデンウィークという表現をしないテレビ局があるのを知っていますか?

多くのテレビ局ではすでにゴールデンウィークという言葉がメジャー化しているのでニュースでも使用していますしバラエティの現場でも使用していますが、ある局だけは使用してないです。

その局がNHKです。

NHKはゴールデンウィークではなく大型連休?

NHKは、もともとはゴールデンウィークという言葉を使っていたのですが、NHKにたくさんの批判があった経緯があり表現をやめました。

そもそもNHK自体が視聴者の年齢層が高くて、カタカナ語というものをあまり使用していません。その理由としては、どの年代にも伝わるような表現をするというものが局の方針としてあるからです。

だからこそゴールデンウィークというワードが批判されてしまって以降は伝わりやすいようにゴールデンウィークという言葉を使わずに大型連休という表現を使用しています。

大和
大和

カタカナ語というものがよくわからないという批判かららしいのですが、それを受け止めて日本語にするのがNHKらしいですよね。

まとめ

GW(ゴールデンウィーク)がゴールデン(黄金)のようにキラキラ光る素晴らしく長い連休だからそう言うんだ!って思っていた人。

意味だけなら間違いではないのですが、由来は2説ある事に驚いたのではないでしょうか?また、毎年同じ日程が休みになるとは限らない事も知らなかった人もいるのでは?

毎年ゴールデンウィークが近くなったら今年は学校や役所、会社ではどのくらいの休みになるのだろうと調べてみるとワクワクしますよね。そしたらまたここでもその年のゴールデンウィークの日程を紹介していますのでぜひお越しくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました