2022年の梅雨入り梅雨明けはいつ?平均は?意味は?どう決まる?【日本全国】

梅雨
春、夏、秋、冬と日本には四季があり、それぞれの季節の美しさ、地域に根付く伝統行事や風物詩は世界の人々から見るととても魅力的に映るようです。

しかし春と夏の間にある梅雨(つゆ)は、長雨が続きうっとうしく感じる期間ですね。

梅雨はいつからいつまでなのか?平均はいつ頃なのか?またどうやって決まるのか?誰が決めるのか?

大和
大和

私たちになじみのある梅雨(つゆ)について、おさらいしてみましょう。

梅雨とは?意味は?

梅雨は、5月末ごろから7月中旬ごろにかけて曇りや雨の日が多くなる時期のことです。

沖縄や九州地方から梅雨入りが始まり、梅雨入りが発表される日は一般的に南の方が早く、日本列島を北上するほど遅くなる傾向があります。

これは晩春から夏頃にかけて、日本列島付近に梅雨前線が停滞するためです。梅雨前線ができるメカニズムは、オホーツク海高気圧と太平洋高気圧が張り出し、その間に気圧の谷ができるからです。

次第に太平洋高気圧の勢力が強くなると梅雨前線が北上していき、日本は南から徐々に梅雨が明けていきます。

大和
大和

暖かい地域から寒い地域へ梅雨が移動する感じですね!

日本全国の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃?【いつからいつまで】

梅雨の時期の山

日本の梅雨の梅雨入りと梅雨明けはいつからいつまでなのか?気になりますよね。
大和
大和

以下では沖縄から東北(沖縄・九州・四国・近畿・関東甲信・東北・北海道)までの梅雨入りと梅雨明けがいつ頃なのかを紹介します。

梅雨はその年によって梅雨入りと梅雨明けは違うので以下は平均として紹介しています。

沖縄の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃?【いつからいつまで】

沖縄の平均的な梅雨入りは5月10日頃、梅雨明けは6月21日頃とされています。

しかし1951年から2021年までの気象庁のデータを見てみると、最も早い梅雨入りは1980年の4月20日頃、最も遅い梅雨明けは2019年7月10日頃になっています。

九州地方の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃?【いつからいつまで】

九州地方南部の平均的な梅雨入りは5月30日頃、梅雨明けは7月15日頃とされています。

しかし、気象庁のデータを見ると、九州地方は南部と北部では梅雨入り、梅雨明けの時期にずれがあります。

また九州地方北部の平均的な梅雨入りは6月4日頃、梅雨明けは7月19日頃とされています。九州地方でも南部と北部ではそれぞれ5日ほどのずれがあります。

四国地方の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃?【いつからいつまで】

四国地方の平均的な梅雨入りは6月5日頃、梅雨明けは7月17日頃とされています。

しかし1951年から2021年までの気象庁のデータを見てみると、最も早い梅雨入りは2021年の5月12日頃、最も遅い梅雨明けは1954年の8月2日頃になっています。

近畿地方の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃?【いつからいつまで】

近畿地方の平均的な梅雨入りは6月6日頃、梅雨明けは7月19日頃とされています。

しかし1951年から2021年までの気象庁のデータを見てみると、最も早い梅雨入りは1956年と2011年の5月22日頃、最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃になっています。

関東甲信地方の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃?【いつからいつまで】

関東地方の1都6県に山梨県と長野県を含めた関東甲信地方の平均的な梅雨入りは6月7日頃、梅雨明けは7月19日頃とされています。

しかし1951年から2021年までの気象庁のデータを見てみると、最も早い梅雨入りは1963年の5月6日頃、最も遅い梅雨明けは1982年の8月4日頃になっています。

東北地方の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃?【いつからいつまで】

東北地方南部の平均的な梅雨入りは6月12日頃、梅雨明けは7月24日頃とされています。

しかし、気象庁のデータを見ると、東北地方の南部と北部では梅雨入り、梅雨明けの時期にずれがあります。

東北地方北部の平均的な梅雨入りは6月15日頃、梅雨明けは7月28日頃とされています。東北地方でも南部と北部では3日ほどのずれが生じています。

 

北海道の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃?【いつからいつまで】

北海道は梅雨前線が近くにいきますが、梅雨がありません。
日本では北海道だけ梅雨の雨がありません。しかし似ている雨「えぞ梅雨」などがあります。

北海道って梅雨ないの?って人は別記事で紹介しているので合わせてご覧ください。

2022年の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃?

日本気象協会が発表した2022年の梅雨入り予想は次の通りです。

2022年の梅雨入りは?

  • 沖縄は平均より早い5月4日頃
  • 九州南部は平均より早い5月27日頃
  • 九州北部は平均より早い6月1日頃
  • 四国は平均より早い6月2日頃
  • 近畿は平均より早い6月3日頃
  • 関東甲信は平均より早い6月4日頃
  • 東北南部は平均より早い6月9日頃
  • 東北北部は平均より早い6月12日頃
大和
大和

2022年は梅雨前線が早めに日本列島に北上すると予想されていて、梅雨入りも梅雨明けも平均よりも早い可能性がありそうです。

2022年の梅雨明けは?

  • 沖縄
  • 九州南部
  • 九州北部
  • 四国
  • 近畿
  • 関東甲信
  • 東北南部
  • 東北北部
2022年の梅雨明けは情報が入り次第追記します。

梅雨入り・梅雨明けはどのように決まる?誰が決める?

梅雨入りや梅雨明けはどのように決まるのか?どうやって決めるのか?気になりますよね。
大和
大和

最近では大雨による災害が発生することが増え、身を守る観点からも梅雨入りや梅雨明けの発表は気になるところです。

しかし、梅雨入りや梅雨明けは簡単そうに見えてとても難しい判断になります。

梅雨入りや梅雨明けは気象庁が発表していますが、気象庁でもその判断は難しいのです。

梅雨入りや梅雨明けに明確な定義はなく、空の様子を見ての判断になります。

大和
大和

何かの数値などで判断するのなら断定と言えるのですが、空の様子や雨が2日続くなどで判断されたりとするのは始めて知る人には驚きなのでは?

「梅雨入り」と「梅雨明け」は判断はあいまいさがある?

「梅雨入り」と「梅雨明け」は判断はとてもあいまいさがあります。それだけ難しいのです。

晴天の後に2日ほど雨が続き次の日も雨だった場合に「梅雨入りしたとみられる日」と判断され、その後2日程度雨が続くと予想されたら「梅雨入りしたとみられる」と発表します。

梅雨明けも同様で、雨や曇りが続いた後に晴れた日があり、梅雨前線が北上してその後も2日ほど晴れの日が続くと予想されたら「梅雨明け」と判断されます。

言葉にも注目してみてください。「~とみられる」というようにやんわりとした表現が用いられていることから、梅雨入りや梅雨明けを断定する難しさが表れています。

大和
大和

梅雨入りや梅雨明けの発表は暫定的なもので、後日変更されたり発表が取り消されたりすることもあるんですよ。数値では判断できないのは本当にあやふやで難しいですよね。

まとめ

毎年やってくる梅雨は正直うっとうしい時期ですが、日本で暮らす私たちにとって適度な雨量の梅雨は欠かせないものです。

梅雨入りの発表は日常生活を送るうえで気になるものですが、気象を専門にしている気象庁でも梅雨入りの判断が難しいとは驚きました。

梅雨は自然がもたらす気象現象だけに、昨今の地球温暖化による影響もとても気になります。長雨が続きますが「災難の雨」ではなく「恵みの雨」であることを願うばかりです。

ちなみにこの梅雨は江戸時代以前は「五月雨(さみだれ)」と呼ばれていました。「五月雨」については別記事でも紹介しているので興味があれば合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました