睦月とはいつ?昔と今では違う?意味由来は?別名がいくつもあるの?

睦月
日本では月の呼び方は2通りあります。一般的には「1月、2月」と呼びますが、「睦月、如月」などと呼ぶこともあります。

この和風の呼び名を和風月名と言い、1年の12か月すべてに和風月名があります。

大和
大和

ここでは和風名月の睦月について詳しくなりましょう。

睦月とはいつ?何月?昔と今では違うの?

疑問

和風月名が書かれているカレンダーなどがあるため、睦月は1月と思っている方は多いのではないでしょうか。

このように和風月名は現在の暦でも使われることがありますが、本来は旧暦に合わせた呼び名です。季節感がわかるような言葉で各月を表現していました。

日本では明治5年(1872年)まで、月の満ち欠けを基準とした陰暦を採用していました。陰暦では1か月が30日ある大月と、29日ある小月を組み合わせ、これらの月が12回訪れることで1年としていました。

しかし、現在では太陽が地球を回る周期を元にした太陽暦を用いています。このため陰暦では1年が11日も短いのです。 陰暦の1月にあたる睦月を現在の暦にあてはめると、1月下旬から3月上旬頃になります。

睦月は1月と認識していたら、睦月は真冬の真っただ中のことと思いますが、実は昔の人は3月上旬のことも表していたということになります。

大和
大和

真っ白い雪景色と新緑が芽吹くころの柔らかい色合いの風景、これだけ季節感のずれがあると驚いてしまいます。同じ睦月という言葉でも、今の感覚と昔の人の感覚にずれがあると覚えておくのもいいでしょう。

 

睦月の意味・由来は?有力説がある?

睦月の意味・由来はたくさんあります。その中でも有力と言われる説を紹介しています。
睦月の語源はどの説においても新年の様子や季節の行事に由来しています。
大和
大和

季節を大切にする日本人の心が和風月名には表れているように思います。新年最初の月を1月ではなく、睦月と呼ぶのも風情があって良いものです。

以下「睦月」の意味由来の有力説と言われる説です。

「睦び月」から「睦月」へ?

お正月に家族や親戚が集まり、身分や年齢に関係なく睦み合うことから「睦び月」となり、「睦月」になったと言われ、この説が有力とされています。

睦み合うとは、互いに親しみ合い仲良くすることです。新年に家族や親戚などが集まり、和やかに過ごしながら親交を深める様子を思い起こせば、睦月という和風月名がついたことに納得できると思います。

「元月(もとつき)」から「睦月」?

他には、新年になって一年が始まる月、一年の元になる月ということから「元月(もとつき)」になり、「睦月」になったという説。

「実月(むつき)」から「睦月」

稲の苗を発芽させるために、稲の実を水に浸す作業を1月に行っていたため、初めて水に浸す月ということから「実月(むつき)」になり、「睦月」に転じたという説。陽気が地中から蒸すところから「蒸月(むしつき)」になり、「睦月」になったという説もやや有力です。

睦月の別名・別の言い方は?

睦月には別名がたくさんありますので、ご紹介します。

初春月

まずは「初春月」。

陰暦では1月から3月が春にあたります。このため、睦月は春の最初の月になるため、このように呼ばれています。

新春

よく耳にする「新春」も睦月の別名です。

初春月と同様に、新しい春を迎える月という意味合いから「新春」という別名を持ちます。新春と聞くと、お正月に使われる言葉かと思いますが、新年最初の1か月間を表す言葉として使われます。

早緑月

「早緑月(さみどりつき)」も睦月の別名です。

陰暦の睦月は、現在の暦では1月下旬から3月上旬に当たります。

春の兆しが見え始める頃で、冬に葉を落としていた木々から緑の新芽が芽吹き出す時期。そのため「早緑月」とも呼ばれているのです。

孟春や太郎月・諏月・その他

「孟春(もうしゅん)」や「太郎月(たろうづき)」、「諏月(すうげつ)」も「睦月」の別名になります。

「孟春(もうしゅん)」は孟という字に、「太郎月(たろうづき)」は太郎という字に初という意味があるため、このふたつも睦月の別名とされています。

「諏月(すうげつ)」は諏という字には人々が集まって話し合うという意味があり、睦月を表す言葉になっています。

他にも「建寅月(けんいんげつ)」、「初空月(はつそらづき)」、「初見月(はつみづき)」、「月正(げっせい)」など、睦月には多くの別名があります。

 

現在でも睦月と書かれている物には何がある?

和風月名は古くから使われていた呼び名のため、古い書物の中に「睦月」という言葉を見つけることができます。

例えば7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本最古の和歌集である『万葉集』。「武都紀(むつき)たち 春の来たらばかくしこそ 梅を招(を)きつつ たのしき終へめ」という作者不明の歌が掲載されています。

「武都紀」とは睦月のことですが、このころは睦月という字が使われていなかったため、万葉集では「武都紀」と表現されています。

和風月名は季節を表す言葉という意味合いから、「睦月」は冬の季語として俳句でも使われています。「神の磴(とう) 睦月の蝶を 遊ばしむ」(富安風生作)、「寒暖の 山わかれたる 睦月かな」(飯田龍太作)、「琴鼓 ならべかけたる 睦月哉(かな)」「ひもじさの 餅にありつく 睦月かな」(ともに正岡子規作)、「蛸突きや 睦月の潮に ひとり楫(かじ)」(松村蒼石作)など、探せばまだまだたくさんあります。

現在でも和風月名が記載されているカレンダーは多いので細かいところまで見る人はよく見る言葉なのではないでしょうか。通販で探すと和風月名を意識したカレンダーも見つかり楽しいですよ!

 

大和
大和

また、「睦月」は名前として子供に名付けたり、期間限定商品の商品名にしたりと、私たちの生活になじみある言葉として定着していますので意識してみると意外に聞く言葉かもしれませんね。

 まとめ

睦月の由来や意味を知ってどのように感じましたか?

言い慣れた「1月」という言葉を使うよりも「睦月」という言葉を使う方が、季節感や行事のニュアンスを含み、それらを大切にする心も表現できると思います。

新しい年が明けて初めての月には、睦月という言葉がぴったりなような気がします。

タイトルとURLをコピーしました