みどりの日はなくなる?廃止?山の日や海の日との違いは?関連は?

みどりの日
ゴールデンウィーク後半の休日である「みどりの日」。

「みどりの日」は廃止になるの?、「山の日」や「海の日」があるけど違いは?って疑問もあると思います。

大和
大和

ここでは「みどりの日」について皆が気になる事を紹介していますよ!

みどりの日はなくなる?廃止?

「みどりの日」がなくなる?廃止?って疑問になっている人もいるようです。

みどりの日が制定された経緯や、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨とした休日であることを考えると、みどりの日が無くなる可能性は低いと思われます。

しかし、国民の祝日の有無は国会で話し合って決定されるため、みどりの日が移動したり、名称が変わったりすることがあるかもしれません。

気になる方は、国民の祝日に関するニュースなどをこまめにチェックすると良いでしょう。

2022年や2023年のみどりの日はある?ない?

内閣府のホームぺージを見ると、2022年と2023年の国民の祝日の中に、5月4日のみどりの日の記載があるため、2023年まではみどりの日が無くなることはありません。

2024年の国民の祝日については、2023年の2月にホームページに掲載されるため、現在のところ2024年以降のみどりの日の有無は不明です。

みどりの日と山の日や海の日との違いや関連性・共通点は?

年間に国民の祝日は16日ありますが、自然に関する祝日はみどりの日以外に、7月第3月曜日の「海の日」と8月11日の「山の日」があります。

それぞれの趣旨は?【みどりの日と山の日や海の日】

みどりの日の趣旨が「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことであるのに対し、海の日の趣旨は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」こと、山の日の趣旨は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」こととされています。

違いや共通点・関連は?【みどりの日と山の日や海の日】

みどりの日が自然全体を感謝の対象にしているのに対し、海の日と山の日はそれぞれ海と山に限定されていると言う違いがあります。

海の日が施行された1996年当初、海の日は7月20日でしたが、2003年に導入されたハッピーマンデー制度によって7月の第3月曜日に移動しました。

山の日は2016年に新設された比較的新しい国民の休日です。

みどりの日、海の日、山の日とも自然に感謝する日であり、比較的新しく作られた国民の休日という共通点があると言えますね。

まとめ

みどりの日は廃止する可能性は少ない事が分かったと思います。

また、みどりの日と山の日、海の日には、似たようなイメージがありますが、違いがあります。

みどりの日はみどりの日らしく過ごしたいですね。

みどりの日の過ごし方や食べる食べ物、遊ぶ遊びについては別記事で紹介しているので興味があれば合わせてご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました