【2022年】吉日はいつ?大安・一粒万倍日・天赦日・寅の日の2022年を紹介!

吉日がいつなのか疑問の人
日本には、古くからある暦と中国から入った考え方を合わせた、「吉日」という縁起の良い開運日があります。

人生の中には何度か「これは失敗できない!」という大きなイベントがありますよね。結納や結婚式、個人店の開業、大きな額の投資、マイホームを建てるなどのタイミングでは、運の力を借りてでも、なんとかいい結果を引き寄せたいものです。

吉日としての「大安」などは、みなさんもご存じでしょう。

吉日は大安以外にもたくさんあり、目的によって種類が分かれているので、自分のイベントに合わせて最適な日付を選ぶと、運が味方をしてくれるかもしれません。

大和
大和

では、2022年の吉日を、調べてみましょう!

ちなみに吉日の意味由来については「代表的な吉日とその意味由来について」も別記事で紹介しているのでよかったら合わせてご覧ください。

吉日はいつ?陰陽五行説・方位・干支によってその年のサイクルで決定される?毎年違う!

「イベントに吉日を選びたい!」と思っても、具体的にはいつなのでしょうか?

カレンダーを見ても、ほとんどの場合「六曜」しか書いてありませんよね。六曜は、鎌倉時代に中国から日本に入った考え方で、時間を区切ってその日の吉凶を占う方法です。

「大安」はそのひとつなのでチェックしやすいですが、それ以外の吉日はいつなのでしょう?吉日は日付で決まっているわけではなく、陰陽五行説や方位、干支によって、毎年それぞれのサイクルで決定されます。

大和
大和

月に1度、2ヵ月に1度や、多くなると月の半分当てはまることもありますので、「今年の一粒万倍日はいつかな?」と、吉日ごとにその都度、調べてみましょう。

2022年の代表的な吉日を紹介!【大安・一粒万倍日・天赦日・寅の日】

2022年の代表的な吉日を紹介しています。
大和
大和

ここでは吉日として代表的な「大安」、「一粒万倍日」、「天赦日」、「寅の日」の2022年の日付を紹介しています。

2022年の「大安」はいつ?【2022年1月~12月】

有名な吉日「大安」は、一日中、時間を問わず吉の運となる開運日です。

六曜のひとつのため、定期的にめぐってくる吉日です。

2022年は1月8日に初めての大安があり、それ以降は基本的に6日ごとに先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口のサイクルを繰り返します。旧暦の1日にあたる日の六曜は決まっているため、時々サイクルが乱れていることがありますよ。

2022年の大安

  • 1月…8日14日20日26日
  • 2月…5日11日17日23日
  • 3月…1日6日12日18日24日30日
  • 4月…3日9日15日21日27日
  • 5月…2日8日14日20日26日30日
  • 6月…5日11日17日23日
  • 7月…4日10日16日22日28日
  • 8月…2日8日14日20日26日30日
  • 9月…5日11日17日23日28日
  • 10月…4日10日16日22日26日
  • 11月…1日7日13日19日24日30日
  • 12月…6日12日18日28日

 

大和
大和

以上が2022年の大安となります。かなり多くて、スケジュールに取り込みやすいですよね!

2022年の「一粒万倍日」はいつ?【2022年1月~12月】

「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」は、一粒の種が万倍もの収穫となることから、「ひとつの行動が何倍にもなって帰ってくる」という、商売や金運に向いている吉日です。

最近は宝くじ売り場でも見かけるかもしれませんね。一粒万倍日は二十四節気(立春や冬至など)と、干支によって決まるため、少し不定期に感じるかもしれません。

2022年の一粒万倍日

  • 1月…11日14日23日26日
  • 2月…5日10日17日22日
  • 3月…1日9日14日21日26日
  • 4月…2日5日8日17日20日29日
  • 5月…2日14日15日26日27日
  • 6月…9日10日21日22日
  • 7月…3日4日7日16日19日28日31日
  • 8月…10日15日22日27日
  • 9月…3日11日16日23日28日
  • 10月…5日8日11日20日23日
  • 11月…1日4日16日17日28日29日
  • 12月…12日13日24日25日
大和
大和

2022年の一粒万倍日は以上となります。月ごとに差はありますが、4回くらいはあるので、宝くじなどを買うのにも利用しやすいですね。

一粒万倍日の意味由来やいつなのかの詳細は別記事「一粒万倍日の意味由来といつなのか?」でも紹介していいますのでよかったら合わせてご覧ください。

2022年の「天赦日」はいつ?【2022年1月~12月】

「天赦日(てんしゃび)」は、全ての神が人々の罪を赦してくれる日で、年に数回しかない、最強の開運日と言われています。

障害がすべてなくなるので、物事を始めるには最高の日です。

天赦日は、「春の最初の戌寅」のように、季節の区切りと日にちの干支で決まります。そのため、年に4∼6回と少なく、貴重な吉日となっています。

2022年の天赦日

  • 1月11日
  • 3月26日
  • 6月10日
  • 8月23日
  • 10月22日
  • 11月7日

 

大和
大和

3月26日のように、一粒万倍日と寅の日も重なるパワフルな日もありましたので、人生の大勝負の時には、こんな日を選ぶと運が後押しをしてくれるかもしれません!

2022年の「寅の日」はいつ?【2022年1月~12月】

「寅の日(とらのひ)」とは、黄金色の寅と、寅の年、寅の日、寅の刻に現れた毘沙門天に由来する吉日です。

寅は「千里の道を行き、また戻ってくる」と言われており、お金にまつわること、中でも投資などに良い日と言われています。

大和
大和

寅の日は干支の日にちで決まっているので、12日に1度のサイクルで定期的にめぐってきます。

2022年の寅の日

  • 1月…1日13日25日
  • 2月…6日18日
  • 3月…2日14日26日
  • 4月…7日19日
  • 5月…1日13日25日
  • 6月…6日18日30日
  • 7月…12日24日
  • 8月…5日17日29日
  • 9月…10日22日
  • 10月…4日16日28日
  • 11月…9日21日
  • 12月…3日15日27日

 

大和
大和

2022年の寅の日は以上となります。定期的にやって来るので、覚えやすく活用しやすい吉日ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?スケジュールの参考にはなりそうでしたか?

何か物事にとりくんでいる時、仕事もサクサク、取引先とのスケジュールも順調で手助けももらえるというような調子の良い時と、なぜかいちいちつまずく時がありますよね。

そんな時は、「運気の流れ」のようなものを、思わず感じてしまいます。開運日にあてることで、なぜかうまく事が運ぶかもしれません。

吉日を選んだことで、心の中に「大丈夫だ」という安心感も生まれ、自信を持って行動できるでしょう。

また、「代表的な吉日と読み方・その意味由来について」で意味由来も紹介しているのでよかったら合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました