年中行事

「お盆玉」が流行!相場・お盆玉袋など基礎知識【迷惑文化?】

「お盆玉」という言葉を聞いたことはありますか?お盆玉とは、お年玉のお盆盤のお年玉のことです。

お盆の期間に一同に親戚があつまったときなどに、孫や親戚の子供たちにあげるお小遣いのことで、じわじわと世間に広まりつつある言葉です。はじめて聞いた!という方もいるかもしれませんが、これからますます加速するかもしれない文化です。

あげる大人側からしたらこれが毎年当たり前の文化になったら・・と少しビクビクしてしまう、そんな新たな「お盆玉文化」について調べてみましょう。

お盆玉の意味と起源

お盆玉とは?

「お盆玉」という言葉そのものは、2010年にお盆玉袋を作った文房具メーカーが作り商標登録を行った言葉です。

お盆玉とは、新年にあげるお年玉の夏バージョンというイメージで、盆休みに孫や親戚の子どもたちにあげる小遣いのことを意味しています。最近では、お盆玉が話題となってテレビや雑誌メディアなどにも徐々にとりあげられ、世間へ浸透していっているようです。

<株式会社マルアイHPより>

お盆玉とは・・・・

お盆に田舎に帰省した子どもや孫、また祖父母にお小遣いをあげるという新しい習慣を広げる為に、2010年より夏の風物詩をデザイしたポチ袋を「お盆玉」として販売を始めました。
「お盆玉」の名称はマルアイで作った造語で、商標登録をされています。
[出典:http://maruai.co.jp/]

あげる側からすると大迷惑!余計な文化を増やされた・・!という大人の嘆きの声もちらほらと聞こえてきますが、子供だったらとっても嬉しい文化になりますね。

お盆玉の起源と発祥地域

お盆玉は、まったく新しく作られた文化というわけでもなく、お盆にお小遣いを渡す風習自体は、江戸時代からある文化でした。

お盆玉のもととなったのは、江戸時代に夏に奉公人に衣類や下駄などを渡していた風習が、昭和初期に子供たちにお小遣いをあげるというように変化したものだという説があります。

ただ、全国的なものではなく、発祥は山形県の一部地域と言われています。一部の地域にしかなかった風習を、文具メーカーが「お盆玉」の言葉とともに広めたという経緯です。

お盆玉の相場と渡し方

年齢別お盆玉の相場

では、お盆玉の相場はいくらくらいが妥当なのでしょか?お年玉とのバランスも悩みますよね。

調べてみたところ、お盆玉の相場はお年玉と同じくらいか少し少なめくらいが相場のようです。

  • 小学生:1,000円〜3,000円程度
  • 中学生:3,000円〜5,000円程度
  • 高校生:5,000円〜10,000円程度

というのが一般的な相場だとか。ただ、その家によって相場や金銭感覚も違ってくると思うので、親戚同士で大きく差が開きすぎない程度にすれば良いでしょう。心配なら、事前にこっそり親戚同士で相談しておくのも良いかもしれません。

お盆玉専用のポチ袋に入れる

お盆玉をあげるときに使う専用のポチ袋も登場しています。必ずしも使わなければならないなどの決まりはありませんが、様々なデザインのものが登場しています。

[出典:http://maruai.co.jp/]

これは2010年に「お盆玉」の商標登録をした株式会社マルアイの販売しているお盆玉ポチ袋です。本家のお盆玉袋ということで、とても素敵なデザインが多く販売されています。

>>株式会社マルアイ

マルアイ以外にも、下記のようなお盆玉袋のためのテンプレートなども無料でダウンロードできるサイトもあります。

>>イラストAC

夏ならではの袋のデザインで、お年玉とはまた違った可愛さがありますね。袋選びもちょっと楽しくなりそうです。

お盆玉は郵便局がきっかけ?

郵便局が2014年にお盆玉袋を販売したのをきっかけに、全国的にお盆玉の知名度が広まったと言われています。

2014年に出された日本郵政からのプレスリリースを見てみましょう。

~お子様やお孫様へ夏におくる「お盆玉」はいかかですか~「お盆玉袋」を新発売

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 髙橋 亨)は、2014年7月14日(月)から、お盆の時期に最適な小さなのし袋「お盆玉袋」を発売します。

「お盆玉」とは夏にお渡しするお小遣いのことで、江戸時代の一部地域では奉公人に“お盆小遣い”を渡す習慣がありました。当時はお金ではなく衣服や下駄などを渡していましたが、それが、昭和初期頃に子供へお小遣いをおくる習慣になったそうです。
最近では、夏に帰省したお子様、お孫様、久しぶりに会う親戚のお子様へお渡しするお小遣いとして注目されています。
この機会に、夏にお渡しするお小遣い袋として「お盆玉袋」はいかかでしょうか。
[出典:http://www.post.japanpost.jp/]

最近は暑中見舞いや年賀状なども売り上げが減少してきているので、その中で新しい文化を取り入れようという取り組みだったのでしょう。

郵便局の気持ちはわかりつつ、大人としてはかなり心中複雑ですね。。とそんなことは言わず、気持ちよくお盆玉を配れる大人になりたいものです!

まとめ

お盆玉は、お年玉の夏バージョンのようなものでお盆に孫や親戚の子供などにあげるお小遣いのことを意味しています。お盆玉袋などもあり、最近は盛り上がってきている新しい風習の一つです。

果たしてお盆玉はお年玉に迫る勢いを見せるのでしょうか?今後も動向に注目したいところですね。