【2022年】お盆はいつからいつまで?業種別のお盆休み期間は?会社行政学校は?

年に一度の家族旅行や、海や山のレジャーなど楽しいことががいっぱいのお盆休み。大人も子供も誰もが楽しみにしている年に一度の夏の大型連休です。

数少ない貴重な連休だからこそ、旅行やレジャーの予定は早めにしっかり計画しておきたいですよね。

今のうちから計画を立ててしまいたいもの。そのためにも、まずは日程のチェックが最優先!

大和
大和

というわけで、お盆休みの期間はいつからいつまでなのかを早速チェックしていきましょう♫

お盆期間とはいつのこと?

うちわを持っている和服の女性

一般的に、お盆期間とは、8月13日から8月16日の4日間のことをいいます

大体2~3週目位、とは覚えているものの、その日程だったということをちゃんと知らなかった・・・!!なんていう方もいるのではないでしょうか。

そして、2016年からは8月11日が祝日「山の日」となり、連休になりやすくなりました。これは、夏休みを有給でまかなわなければならないサラリーマンの方や、お盆休みがお休みではない、という業種の方もハッピーなニュースでしたよね。

地域によってはお盆は7月15日などをさす場合もありますが、ここでは一般的な日程を示しています。

2022年のお盆休みはいつからいつまで?何連休になるの?

2022年の8月のカレンダー

 

大和
大和

では、2022年のカレンダーはどうなっているのか見ていきましょう!

2022年のお盆はいつ?曜日は?

2022年のお盆は以下のカレンダーになっています。

    • 8月13日(土)
    • 8月14日(日)
    • 8月15日(月)
    • 8月16日(火)

13日・14日は土日、15日、16日は月曜日と火曜日なのでカレンダーでは平日扱いになります。

2022年のお盆休みはいつからいつまで?土日のみ?4連休or6連休?

お盆の4日間に加えて、8月11日が「山の日」で祝日になります。

2022年今年は山の日が木曜日!ということで、2022年は山の日の間に1日だけ「金曜日」があり、次の日の土日からお盆です。

    • 8月11日(木)山の日
    • 8月12日(金)
    • 8月13日(土)
    • 8月14日(日)
    • 8月15日(月)
    • 8月16日(火)

カレンダー通りに休み場合は山の日の祝日と土日のみでしょう。お盆の4日間が休みなるところは4連休です。

しかし、お盆の4日間+山の日が休みで、その間の金曜日が平日になりますが、業種によってはこの金曜日を休みにするところも多いでしょう。

その場合は合計で、6連休が期待できます

大和
大和

6連休と考えるだけで楽しくなってきてしまいますね♫山の日は連休の強い味方になってくれましたね。

業種によってお盆休みは違う?業種別お盆休みの時期(いつからいつまで?)

海水浴の様子

さて、上記のお盆休みが一般的なお盆の期間とお盆休みになるわけですが、お盆休みの期間というのは必ずしも日程がすべての業種で決まっているわけではありません。

業種によって異なるので注意が必要です。

大和
大和

では、お盆休みを業種別に見ていきましょう。

銀行・郵便局・行政機関のお盆休み

銀行や郵便局、国の行政機関などは、基本的にお盆だからといってサービスをお休みすることはありません

銀行窓口や郵便局が一週間もお休みになったら、私たちも困ってしまいますよね。暑中見舞いも届かなければ、お金をおろすこともできない・・というのが一週間も続くことがないように、基本的にこれらの期間はお盆にも営業しています。

銀行では、銀行業法で休日に関しても国で定められています。銀行業法では祝日のみが休業日と制定されていますので、お盆休みは祝日ではないため窓口・支店・本店も全て通常通りの営業となります。

そして、公務員の方もお盆休みという形で休日を一斉にとるような制度はありません。

ですので、このような業種の方々は個人が有給などの制度で順番にお休みをすることになります

金融などの方は夏休みという制度はなく、例えば証券会社は年に2回5日間の連休が取れる、というような制度を取り入れたりしています。連休は夏休みとは限らないのこの業界の方たちの特徴ともいえます。

大和
大和

私たちのライフラインと言える業種の方たちはお盆休みを返上して働いてくれているのですね・・・お疲れ様です!

2022年の銀行・郵便局・行政機関のお盆休みはいつからいつまで?

2022年の場合は13日、14日が土日になるので休みになりますが、15日、16日は平日にて営業しています。

一般的な企業

一般的な企業はお盆休みはお盆としての4連休を取るところと、8月11日の「山の日」を含んでそこからお盆終わりの8月16日までの6連休を取るところが多いです。
  • お盆期間の4日間のみの休みのケース
  • 山の日(8月11日)からお盆休みまで(8月16日)を含めて6連休のケース
さらにそこに土日がうまく合わさるとそれ以上の休みを取る年も多いですよね。

ただし、最近では「夏休み」「お盆休み」というかたちでの休暇ではなく、有給をその分増やしたり、連休がとれる制度などを採用し、夏休みでもいいし秋休みでもいい・・・なんていう選択ができる会社が多くなってきています。

大和
大和

夏休みの帰省などで夏に休暇を取りたい人と、混んでいるお盆シーズンを避けて空いているときにレジャーに行きたい人など、それぞれのニーズに合わせて連休がとれるスタイルは嬉しいですよね。

2022年の一般的な企業のお盆休みはいつからいつまで?

2022年の一般的な企業のお盆休みの多くは8月13日(土)~8月16日(火)の4日間、または、8月11日(木)の山の日から8月16日のお盆終わりまでの6日間が多いです。

大和
大和

規模が大きめの会社ほど、山の日からお盆休み終わりまでの6連休を取るところが多いようですよ。

製造業など

2022年の8月のカレンダー

製造業は、工場などの関係で全ての機能を同じ日程でいっぺんに停止させ長期休暇とする企業が多くあります。

食品メーカー、自動車メーカーなどがそれに該当します。

これらの場合、

  • 山の日(8月11日)からスタートしてお盆休みを含んでそこから土日で終わるまでの休みがお盆休みにしているケースが多いです。
  • また、お盆休みの最終日の8月16日を最終休みとしている場合は、山の日の前の土日からスタートしてお盆最終日の8月16日で終わりにするケースもよく見受けられます

10連休以上の企業も多くある程です。

有給をくっつけて20連休、なんて夢のような休みのとり方をしている方もいるようです。なんて羨ましい・・・でも、その分普段フル稼働して生産ラインを流し続けてくださっています。

大和
大和

どんな業種もみなさん一生懸命社会のために日々働いてくれているんですね。日本のみなさん・・・おつかれさまです!

 

2022年の製造業などのお盆休みはいつからいつまで?

2022年の製造業などのお盆休みは、山の日が8月11日(木)で、お盆終わりが8月16日(火)になるので以下のパターンが多いようです。

  1. 8月11日(木)~8月21日(日)=10連休
  2. 8月6日(土)~8月16日(火)=10連休

①は山の日(8月11日)からスタートしてお盆休みを含んでそこから土日で終わるまでの休みがお盆休みにしているケースです。

②は山の日の前の土日からスタートしてお盆最終日の8月16日で終わりにするケースです。

学校(保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校・大学など)

幼稚園や小学校、中学校、高校、大学、専門学校の場合は、このお盆の期間は夏休み期間に入っているので、夏休みとして休みになります。

大和
大和

夏休みの休み期間にお盆の4日間があると言う認識ですね!

学校の夏休みについては別記事で紹介しているので合わせてご覧ください。

また、保育園の場合は働いている親の子供を預かる場所になるので、基本的に長期休暇はありません。その為、ほとんどの保育園では行政と同じようにカレンダー通りになりますので、お盆も平日になる場合は保育園は通常通りに開園していますよ。

2022年の学校(保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校・大学など)のお盆休みはいつからいつまで?

前述した通り、学校は夏休み期間中になるので夏休みの中にお盆(8月13日~8月16日)があります。

夏休みがない保育園の場合は、8月13日~8月16日のお盆中に土日があればその日が基本的に休みになります。(土曜保育がある場合は土曜日もあり)。お盆中でも平日ならば開園しています。

2022年は13日が土曜日、14日が日曜日になりますね。

まとめ

お盆休みと言っても、すべての業種で長期休暇になるわけではありません。

カレンダー通りに土日がお盆になった日しか休みにならない業種もあります。製造業など工場を稼働させている業種ではかなりの長期休暇になるようですね。

旅行等に行かれる方は、早めに航空券などを抑えてしまいましょう!楽しいお盆休みをお過ごしください♫

タイトルとURLをコピーしました